2011.12.19 Mon. *4日目 京都散策-圓徳院



最終日、4日目。

帰りの電車までの短い時間だけど久々の京都プチ観光!

今回のテーマは「ねね」に会いに行くこと。

前回は「建仁寺」でなぜか?とてもリラックス…というか心地よい時間を過ごせたこともあり(何かのパワー?)
じゃあ次回はぜひ建仁寺派のお寺「高台寺」と「圓徳院」もというふわこの希望もありまして。(^-^)ウフ


f0122083_1651569.jpg

バス路線を確認し、いざ「高台寺」へ!
バスを降りて地図を広げたおのぼりさん2人がまず目を奪われたものは…「わ!ここ見たことあるわぁ~」と思わずテンションが上がった細っそい入り口の「石塀小路」


f0122083_16533619.jpg
細いトンネルの先は何?
時代を遡るパラレルワールドの入り口?
はたまたドラ○もんの未来道具「ガリバートンネル」みたいに通り過ぎると小さなるとか???(笑)
目的地の入り口でこんなテンションMAXの有り様です。
さ、さすが京都…


f0122083_1754358.jpg

f0122083_1741390.jpg
迷路のようで風情のある小路をぷらぷらさまよっていると
「←高台寺」の看板発見
どこかの敷地内を通り抜けるような
小さな石畳の道は「ねねの小径」

入り口では何かの門を修理中の職人さんを横目にしてたのですが、これが後の衝撃事実になろうとは…(笑)



f0122083_18111049.jpg小径を抜けて高台寺の前に先ずは「圓徳院」へ…の予定なんですが、なんか方向音痴?え?どこなん?
このあたりにあるはずなんやけど見当たらん…と、
ふわさんキョロキョロしながら地図確認をしている間に
ふわこ、大黒天さまを発見してなでなで!
金運上げたい(≧艸≦)なでなでとなで回しておりました(ノ_-。) 
しばらくいろいろうろつきようやく発見…目と鼻の先やん…なんで分からんかったんやろ? 田舎モン2人をねねさんがイタズラしたんかもしれませんね。(笑)




f0122083_182946.jpg

圓徳院はねねが晩年まで過ごした場所。
御本尊が襖で直接見えない造りになっていて平成になって新しく入れられた襖絵は海原の中の「白龍」。白龍は秀吉を表し、その周りに描かれた鳥は近い家臣を表しているそうです。
襖の両端からは綺麗な虹も描かれていました。
秀吉を感じる襖絵を!ということで制作されたそうです。
白龍の襖の反対側は金箔張りの豪華な襖絵。こちらもしっかり見てきました。
順路に沿って歩き、ふと庭に目をやると…あれ、さっきの門の職人さん…
あ!もしかして裏門やったん?(驚)
そうなんです、よくよく地図を見てみるとねねの小径の隣は「圓徳院」
キレイやわぁ~と見ていた木々も「圓徳院」…
ほんと…舞い上がってたんですね。(苦笑)
謎が解けて?スッキリ!(笑)
順路のさいご「北庭」を見てしばしボ~ッ… ねねもこの庭を見てボ~ッ…(されてたかはわかりませんが)と日だまりの中で時を過ごされることもあったんやろなぁ~って思うと感慨深い。
出口は最初に迷い込んだ大黒堂のスミの方。
「ここの出口さっき見たわぁ~」と最後まで笑わせていただきました。

                                             
[PR]
by fuwadou | 2011-12-30 16:56 |

消しゴムはんこをホリホリ&ときどきふわハウス「手わざのぬくもり創造職人ふわふわ堂」のはんこ記録


by ふわふわ